災害や新興感染症発生時における連携について

  • 災害や新興感染症の発生時等において、医薬品の供給や地域の衛生管理に係る対応を行う体制を確保いたします。
  • 都道府県等の行政機関、地域の医療機関、保険薬局又は関係団体等と連携するため、災害や新興感染症の発生時等における地域の協議会又は研修等に積極的に参加いたします。
  • 災害や新興感染症の発生時等において都道府県等から医薬品の供給等について協力の要請があった場合、地域の関係機関と連携し必要な対応を行います。

当薬局は三沢市を中心に薬局を展開し、地域医療への貢献を目指しております

近年、日本は急速な少子超高齢化に歯止めがかからず、医療を取り巻く環境も刻々と変化しております。それに伴い、薬局に求められる機能も多様化しつつあり、国の掲げる地域包括ケアシステムの中で、従来の調剤業務(医療)のみならず、セルフメディケーション(予防)、さらには福祉・介護の分野での活躍も求められております。

私共の薬局は、これまで「患者さんの立場で」をモットーに、薬と患者さんを総合的に捉え、複数の医療機関から発行される処方箋のチェックや、薬の有効性・安全性等の情報提供を行って参りましたが、今後はさらに一歩進んだ様々なアドバイスを行える場所でありたいと考えております。そのためには、これまで以上に、患者さんのみならず薬局を訪れる方々や地域の皆さんと密に接し、薬の専門家として地域にどんな貢献ができるかを検討しなければなりません。

私共はこれからも、専門的な知識と技術に基づいた質の高い丁寧なサービスを提供する薬局を目指して参ります。

株式会社三沢薬剤師薬局
代表取締役 伊藤博次

MENU
PAGE TOP